外国人技能実習制度の種類と活用メリットについて

バナー
TOP > 外国人技能実習制度の種類と活用メリットについて

外国人技能実習制度の種類と活用メリットについて

日本の企業が発展途上国の若者を対象にして一定期間技能実習生を受け入れ、日本での実戦的な技術や技能、知識を学び、帰国後に母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした制度に外国人実習制度があります。


外国人実習制度は受け入れる企業においても様々なメリットがあり、その内容としては、まず、1つ目として社内の活性化があります。



実習生は年齢が若く、仕事に対しても熱心で勤勉であるために従業員に良い影響を与えてくれます。
次に、研修生に教えることによってこれまでの手順を見直すことにもつながり業務にも良い効果を与えてくれます。
3つ目としては、外国人が加わることによって異文化の交流にもつながるために経営をする上においても国際化を図ることができるようになります。

特に中小企業においては海外拠点を作る際にも頼りになる人材を育てることができ、経営戦略を立てる場合にも選択肢を広げることができます。

国の制度である外国人技能実習制度では、現在、企業単独型と呼ばれるタイプと団体監理型と呼ばれるタイプが用いられており、それぞれに特徴があります。



まず、企業単独型では企業が資本提携がある海外の子会社等の従業員を対象としており、ここでは受入に関する事務手続きなどは全て企業側にて行われることになります。


団体監理型では事務手続き等は公的な援助や指導を受けた協同組合などの管理団体が行うことになり、技能実習生の募集などに関しても企業に代わって行っています。



海外とのパイプが全く無い中小企業などが活用しやすい方法を取り入れており、手続きの他にも選任担当者の配置や通訳スタッフの配置、また、配置されるまでの日本語講習の実施や、配置された後においても巡回サポートを行うなど、実習生にとっても安心して任せられる内容となっています。